エアバギーがベビーカーを卒業したキッズたちに「本当に良い乗り物を」と熱い気持ちを込めて作った「AIRBUGGY KICK&SCOOT」。

おかげさまで発売1周年を迎えます。

AIRBUGGY KICK&SCOOT







芝生やどろんこの砂利道でもスイスイ進める<エアチューブタイヤ>

ちいさな体でもバランスがとりやすい<低重心フレーム>

にぎって体感できる<ハンドブレーキ>

モノを大切にする気持ちを育てる<自立スタンド>



そして、キックバイクからキックスクートへ、長く乗り続ける『ロングライフバイク』。

エアバギーが大切に培ってきた「乗り物の本質」を追求した1台です。



今回は、部屋の中で初めてサドルに座った小さなキッズから、広い公園をスクートでスイスイ駆けまわる元気なジュニアまで、キックアンドスクートを自由に楽しんでくれている”エアバギーキッズ”たちに少しだけフォーカス。



みんなの可愛いスナップと共にお届けします!

【敢(かん)君 3歳 (身長95cm)】



週末は、息子さんと一緒に近所の公園にキックアンドスクートに乗りに行くというMさん。「数か月前とは比べ物にならないくらい上手に乗れるようになりました。前はサドルに座りながら歩く、という感じでしたが、今は蹴りだしてそのままスーッと軽やかに乗りこなしてます」



「最初はフラフラしてけっこう転んだりもしたんですが、めげずに一生懸命トライしている姿にびっくりしました。ちょっと上手に乗れるようになったころ、ブレーキをかけずに転んで「痛い」を体験したんです。それ以来「ブレーキはだいじ」ということを知ったようです。遊びながらチャレンジしてうまくいったり失敗したり、いろんなことを体験してると思います。

お気に入りのかっこいいライトをつけて

上り坂にも果敢にチャレンジ(笑)


【はなちゃん 3歳2か月(身長90㎝)】



からだを動かすことが大好きなはなちゃん。キックアンドスクートに乗る楽しさを知ってからは近くの砂浜の河川敷に行って元気に走り回っているそう。



ここは柔らかい砂地なので安心なんです。初日から坂道を下りだしてちょっとヒヤヒヤしたんですがすぐに乗りこなしていました。普通の小さなタイヤだと埋もれちゃうんですが、エアタイヤなので問題ナシ」。



ベビーカーもエアバギーだったので空気のタイヤの良さは分かっていたんですが、段差を乗り超える時に全然違いますね。娘はこれがずっと当たり前の感覚なので、たぶんガタガタする乗り物には乗れないんじゃないかな(笑)。


けいとくん 3歳7か月(身長100㎝)



キックアンドスクートが届いた時はテンションが上がりっぱなしで本当に嬉しそうでした。三輪車やストライダーもそれまで全く乗ったことがなく、文字通り”はじめての乗りもの”でした



親としては転んだりしたら・・・と心配で、真っ先にヘルメット&サポーター&グローブセットを買いましたが、最初は歩くよりめちゃめちゃ遅く(笑)、「そのヘルメットセットいる!?」みたいな感じでした。でも本人は終始ニコニコ、満足そうで。楽しくのんびりした時間を過ごせた1日がいい思い出です。

ただ、それからすぐに上達して今じゃ絶対、ヘルメットセットは必要です!(笑)

近くの海にたまに遊びに行くのですが、その時もキックアンドスクートを持っていきます。砂浜で乗れるってすごいですよね。スタンドが付いているので自分で立てようとしているんですがまだちょっと難しそう。


【妹ようちゃん 2歳4か月(身長90㎝)】

【姉ふみちゃん 4歳8か月(身長105㎝)】



ふたつ年の離れた姉妹で一緒に使えるのがいいなと思ってKICK&SCOOTを選びました。長女は保育園でスクーター遊びを経験済み。最初からスムーズに乗りこなしていて飛ばしすぎなくらいでした。慎重派な次女は、はじめての乗り物にで恐るおそるまたがり、サドルに座りながらのんびり歩いていました。性格の違いが乗り方にも出ますね(笑)



KICK&SCOOTはブレーキがあるのが安心。長女に自転車を教える際に声が枯れるほど「ブレーキ!!」と叫び続けたので、自転車に乗れるようになる前に自然とブレーキを覚えられるのはすごくいいなと思ってます。



普段は家の周りの路地や、自転車や人の往来が少ない公園などで遊んでいますが、スクーターNGの公園も多いので、たまには郊外の広々とした場所で思いっきり走らせてあげたいなぁと思っています。

ベビーカーのエアタイヤと一緒で、乗っていて気持ちよさそう


かんたくん 5歳9か月(身長115㎝)



以前からストライダーやキックボードで遊んでいたかんた君。初めてKICK&SCOOTに乗ったときも最初からビュンビュン乗りこなしていたそうです。

今まで乗っていたのと比べると「軽く蹴っただけで、スーッと進むのが楽しい。すごく乗りやすい!」と言ってますね。最近は少しづつ自転車に乗るお友達も増えてきて、キックアンドスクートで一緒に遊んだりしています。



「キックアンドスクートに乗ってるとすれ違った人が振り返ったり、二度見されることが多いんです。デザインもかっこいいから、みんなどこのだろう?って興味を持つんじゃないかな」