全国的に梅雨が明け、いよいよ夏本番の季節がやってきました。大人でもツライ猛暑の日々、赤ちゃんは言葉で気持ちを伝えられない分、周りにいるママやパパが気を配ってあげることが大切ですね。


そこで今回は、夏の暑さをクールに乗り切るエアバギーの快適機能と夏用オプションについて徹底解説!


おでかけ前にぜひ知ってほしい夏の快適アップのポイントをお伝えします。


▼紫外線をシャットダウン<UVカットサンキャノピー>


エアバギーのサンキャノピーはUVカット率99%以上(UPF50+)。延長すると足元まで覆う3段階調整のサンキャノピーを装備しています。(COCO PREMIERフロムバース)。さらに念入りな紫外線対策としてオプションの「モスキーヒ🄬サンシェードグレー」もご用意しています。


日陰にいても安心できない紫外線の影響、とくに赤ちゃんの肌には大きなダメージを与えるので注意が必要です。日焼け止めを塗っているからと安心せずにサンキャノピーやサンシェードで赤ちゃんの肌をしっかり守ってあげてくださいね。


▼後ろを開ければ風通し抜群<サンキャノピーカバー>


知らない方が意外と多く、この時期声を「大」!にしてお伝えしたいのがサンキャノピーカバーの涼しい機能。シートリクライニングを倒してサンキャノピーカバーを“一枚めくる”と、メッシュ越しに爽やかな風が通り抜けるんです。赤ちゃんの背中を触ったら汗でびっしょりなんていう時、ぜひこの機能を思い出してください。


 


▼快適指数UP!<エアメッシュシート>


エアバギーのハンモック式シートの心地よさをさらに高めてくれているのが、中に入っているエアメッシュシート。医療用のベッドなどにも使用されており、通気性とクッション性に優れた快適シートです。体温によってこもりがちなシートの熱を逃がしてくれ、オプションの夏用ストローラーマットとの併用でさらに快適UP↑が期待できますよ。


 


▼飲みたいときすぐ取れて便利<保冷機能付きドリンクホルダー>


たくさん汗をかく夏、こまめな水分補給は欠かせません。大きな荷物の中にミルクや麦茶を入れてしまうとあげたいときにサッとあげられないもどかしさが・・・。エアバギーのフレームには、標準装備のドリンクホルダー(500ml)がついているので、赤ちゃん専用のボトルを入れておけばいつでもサッと取り出して飲ませてあげることができます。保冷機能付きなのもこの時期に嬉しいポイント。


▼夏は「空気の入れすぎ」「保管場所」にご注意を<エアバギータイヤの空気調整>


夏は気温の上昇と共にタイヤの空気圧も少し調整が必要になってきます。暑さでタイヤの中の空気も温まり、タイヤ内のチューブが限度を超えて膨張することで、稀にバースト(破裂)を起こす恐れがあります。外気温よりはるかに高温になる車のトランクや、直射日光の当たる場所での保管はお控えください。また普段からタイヤが固くなるまでパンパンに空気を入れている方は、タイヤの空気圧を少し減らすことでバーストの予防ができます。適正な空気圧については取扱説明書に記載のある下記内容をご参考下さい。


【エアバギータイヤの指定空気圧】



  • 空気圧数値:25~30psi(または、75~2.1kgf/㎠、または175~210kpa)

  • 感触の目安:タイヤ走行面(頂点)を親指で強く押してややへこむ程度


▶タイヤの空気の抜き方・空気圧感触のめやすについて、詳しくはこちらの動画をご覧ください